結婚記念日に失敗しないプレゼント。夫から妻へのありがとう。

男女とハート

夫婦間の毎年やってくる記念日といえば、お互いの誕生日と結婚記念日ですね。

誕生日はたくさんの人がお祝いしてくれたりしますが、結婚記念日って2人だけの記念日です。すっかり忘れてしまっていて、数日後に思い出したりしがちになってきますね。

結婚記念日は忘れないよという方でも、毎年アクセサリーを贈っている方も少ないですよね。一緒に食事にでかけたり、妻がちょっと豪華な夕飯を作ったり、夫がシャンパンを買ってきたりぐらいですか?

1年に1度ぐらいは、お花のプレゼントなんかも良いですよね。

日本人では、いつもお花を贈っている夫は少ないと思います。海外の男性はお花を贈るのが得意です。

でも、1年に1度ぐらいはお花が欲しいと思うのが女心です。好みの花などをリサーチしてさり気なく贈ってみると妻から夫へのポイントも上がりますね。

結婚記念日にお花を

男性が女性へ花を贈る

お花をもらえるのは嬉しいと女性は口々に言っています。

でも、彼女たちに「お花は嬉しいって夫に言ってみた?」と尋ねると、そこは気づいて欲しいと言います。また、言われたのでプレゼントされるというのも違うと言いました。

言わなくても分かるというのが理想なのでしょうが、花は要らないという質問箱をみたりすると勇気がいります。でも、あれってもらった事のない人か、どう飾れば良いのかが分からない人の事なんです。

 

花束とアレンジメントはどちらが良いか?どんな花が良いか?を考えて、贈る夫が考えて贈るというストーリーがあると嬉しさ倍増だと思います。結婚記念日はお花を贈ってみましょう。

結婚年数にあわせた本数の花束

rose 濃いピンク

毎年1本ずつ増えていく幸せがあります。バラの場合は赤でも良いのですが、感謝の花言葉をもつ濃いピンクが最適です。

本数で変わってくる赤いバラの花言葉

感謝の花言葉をもっている花

毎年、愛を伝えるのも素晴らしいですが、なかなか日本人には難しいですよね。お花を贈るということで、感謝を伝えるのにぴったりな気がします。

女性はお花をもらえると嬉しいものです。そこに、密かに気持ちを込めてのプレゼントならストーリーがありますね。

渡しやすい花束?そのまま飾れるアレンジメント?

チューリップのプレゼント

ありがとうのアレンジメント

お花を贈るって言っても、花屋さんで「花束にしますか?アレンジメントにしますか?それとも鉢植えの花にしますか?」ってきかれます?何が良いか迷っちゃいますが、それぞれに良さがあります。

  1. 花束はスマートに渡せて、買ってからの持ち運びも簡単です。花瓶が必要です。
  2. アレンジメントはそのまま飾れて、手間いらずです。お花を飾るのに慣れていない方はこっちが良いです。
  3. 鉢植えの花は次々と開花し、長く楽しめます。育てる楽しさ大変さがあるのでリサーチは重要です。

 

長く楽しんで、枯れたら捨てやすいという面で結婚記念日のプレゼントには花束やアレンジメントをオススメします。

せっかくなら長く飾っておきたいと思いますよね。アレンジメントより花束を花瓶に入れた方が長もちします。

バラの花もち実験(夏編)

最初にお花を贈るときに、オシャレな花瓶も贈るとインテリアとしても素敵に飾っておけますよ。

まとめ

結婚記念日に妻からは美味しい料理を、夫からはお花を贈りあうといいですね。言いませんが、お花をもらうと嬉しいんですから。

ちょっと美味しいお酒なんか用意してささやかなパーティーが毎年くる結婚記念日にはぴったりな気がします。お酒の事なら、お酒の遊園地イシカワへ。

美味しいレストランに行くのも良いですし、ケーキを買ってくるのも良いですが、お花も忘れずに用意しましょう。一緒に過ごしてきた時間にちょっとだけのアクセントがすごく嬉しかったりします。

なにを選べば良いか分からない方でも、花屋さんは気持ちにあった花で用意してくれます。花屋さんでお花を買うのと、スーパーマーケットやホームセンターでお花を買う差はそこなんです。

 

結婚記念日に夫から妻に花束を贈る習慣ができると良いですね。一緒に想い(花言葉)も贈れるとストーリーができてきますね。

「お花なんてもったいない」という方がいますが、逆に人生は損得だけじゃもったいない。人生に喜びと想い出を。

お花が人生に華を咲かせて、豊かにしてくれます。そこには幸せがうまれます。

ただ、花を贈るだけではなく想いも一緒に贈ってみませんか?

花というモノをプレゼントするのではなく、

 花をプレゼントするキモチが、

 フラワーギフトなんです。

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会