今、流行っているミモザ。ドライフラワーにもなります。

ギンヨウアカシア1
The following two tabs change content below.

げんき

無敵の花屋 代表
元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会

2月や3月に女性へプレゼントする花といえば、春の花が喜ばれます。チューリップスイートピー、ヒヤシンスにミモザ。前の3つはなんとなく知っている方も多いと思いますが、ミモザって?と知らない人が多いと思います。しかし、今の季節 女性の間で流行っている花はミモザなんです。かわいらしい見た目で、そのままドライフラワーにもなってしまうボタニカルなお花が良いようです。花屋さんに出回るのは少しの期間なので、季節の贈り物として喜ばれます。

3月8日の国際女性デーにも贈られるミモザの花。たまに、花粉症を気になさる方もいらっしゃいますが、スギと違ってミモザにアレルギーがある人は少ないそうです。ただ、あの目立つ黄色い花が花粉症の原因と思われてしまうのでしょう。気になる方は、病院でアレルゲンがあるか検査してみてください。

日本の花屋さんでは、ミモザ アカシアという名前で出回っていますが、ちょっとややこしい名前なんです。

アカシア

アカシアとは、マメ科の常緑高木の事です。銀葉アカシア・房アカシア・ニセアカシア・ローズアカシアなど種類があります。ニセアカシアの方が先に日本に入ってきたのに、銀葉アカシアや房アカシアの方がアカシアとうい名前を使っています。

日本では銀葉アカシアを、フランスでは房アカシアを、ミモザとよんでいます。

ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)

ミモザ アカシア

日本でミモザといって売っています。市場では、ミモザ アカシアといって出回ります。

花は3月~4月にかけて黄色いポンポンの花をたわわに咲かせます。本来ミモザとは、オジギソウを指す言葉です。耐寒性も強く、シンボルツリーとして庭に植えているところもあります。カイガラムシが付きやすいので、付いてしまったら早めに防除しましょう。香りはありません。

フサアカシア(房アカシア)

フランスでは、ミモザと呼ばれています。日本では、輸入品が出回ります。

花は2月~3月にかけて黄色いポンポンの花をたわわに咲かせます。オーストラリア原産で耐寒性はありません。(フィリピンと台湾が北限らしい)葉っぱ香りで銀葉アカシアと区別できます。

花は香りがよく、香水の原料としても使われます。

ミモザ 房アカシア

ニセアカシア(針槐樹 ハリエンジュ)

ニセアカシア1

日本に入ってきたのは、銀葉アカシアや房アカシアより先なのですが、こちらがニセと呼ばれるようになりました。

羽のような複葉で、5月~6月に白い花がフジの花のように房状に咲きます。若い枝には強いトゲがあります。耐寒性があり、樹高25mほどに育ち、街路樹や公園の植木として良く植えられます。

また、クセのない美味しい蜜を出しますので、美味しい蜂蜜が取れます。

ローズアカシア(花槐樹 ハナエンジュ)

性質は、ニセアカシアと同じで赤い花がフジの花のように房状に咲きます。

このアカシアは「いかなる化粧法をもってしても、この美しい木の盛装ほどフレッシュに、さらにそれ以上エレガントにみせることは出来ない」と言われています。

ローズアカシア1

花言葉

アカシア全体(銀葉アカシア・房アカシア・ニセアカシア・ローズアカシア)

プラトニックな愛 素朴なインディアンは愛を告白することが出来ないので、花の咲いた枝を愛する娘に渡したので。(フランスの本より)

早い成功 成長が早いので、街路樹などによく使われています

友情 この樹が街路樹として日陰をつくってくれることかららしい。(イギリス・ドイツ)

ニセアカシア(葉の散る前の薄い黄色)

秘密な恋 黄色い花には、影のある花言葉が多いです。

ローズアカシア(赤)

エレガンス 「いかなる化粧法をもってしても、この美しい木の盛装ほどフレッシュに、さらにそれ以上エレガントにみせることは出来ない」といわれていることに符合しています。

ミモザの切り花としての利用

2月~3月にかけて日本の花屋では、銀葉アカシアや房アカシアの切り花がミモザとして販売しています。この時期は、花屋さんでミモザのリースやスワッグ作りのワークショップ(体験レッスン)が行われます。

銀葉アカシアをシンボルツリーとして庭に植え付けていいのですが(11月頃)、その成長は速くすぐに高木になります。剪定する時は、来年の花芽を付けるのが早いので6月ぐらいまでには剪定しましょう。

※剪定するのなら、開花期に切花として利用すると十二分に楽しめます。

アレンジメントや花束に

黄色いポンポンが春の花にマッチします。

スワッグやリースに

ミモザ リース

ミモザ スワッグ

リース(輪)やスワッグ(束)は、スレッシュな状態から飾っても、そのままドライフラワーになって長く楽しめます。

まとめ

ミモザ アカシア ドライフラワーになります。リースやスワッグにするのが流行っています。

ギンヨウアカシア 日本でミモザといって流通している。シンボルツリーとして庭植えしているのも見ます。(カイガラムシに注意が必要)

フサアカシア フランスでミモザといって流通している。耐寒性はありません。花は香りがよく、香水の原料としても使われます。

 

ニセアカシア いい香りで、アカシアの蜂蜜が人気です。

ニセアカシア 5月~6月に白い花がフジの花のように房状に咲き、美味しい蜂蜜が取れます。

ローズアカシア ニセアカシアと同じで、赤い花がフジの花のように房状に咲きます。

 

女性へフレッシュなミモザの花束を贈ってみましょう。沢山の花言葉がありますが、気持ちにあった花言葉を贈るといいと思います。そして、ミモザを飾ってみましょう。今流行っているスワッグリースならそのままドライフラワーになり長く飾っておけます。3月8日の国際女性デーに贈るのも良いですね。

 

「お花なんてもったいない」という方がいますが、逆に人生は損得だけじゃもったいない。人生に喜びと想い出を。

お花が人生に華を咲かせて、豊かにしてくれます。そこには幸せがうまれます。

ただ、花を贈るだけではなく想いも一緒に贈ってみませんか?

花というモノをプレゼントするのではなく、

 花をプレゼントするキモチが、

 フラワーギフトなんです。

 

LINE@はじめました!

観葉植物相談室やお花の問合せ・注文などこちらからも対応いたします。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会