グリーンカーテンにはトケイソウ。パッションフルーツを食べよう。

パッションフルーツの花

暑い夏が来そうですね。この暑さにはエアコンが必要とは言いますが、過度にエアコンを使っていると体調不良を起こしちゃったりもします。

昔はよしずと言って葦(ヨシ)を並べて糸で編んだものを軒先などに立てかけて、太陽光の暑さをよけていました。今は、ゴーヤなどのつる性の植物をネットに絡ませて、その葉っぱを日除けにするグリーンカーテンが流行っています。

パッションフルーツはつるで伸びていく植物です。最近ではゴーヤのグリーンカーテンではなく、パッションフルーツのグリーンカーテンがトロピカルでオシャレです。

 

初夏に花屋の店先にならぶ、パッションフルーツ。パッションフルーツってどんな果物かピンとこないですよね。

今年の夏は、パッションフルーツでグリーンカーテンを作って、涼んで・食べて・飲んじゃいましょ~!

時計草(トケイソウ)

時計草の花

ブラジル原産の花で、英語ではパッション・フラワー(Passion flower)といっているが、日本では文字盤に似ているというので時計草という名前が付きました。パッションは情熱という意味なので情熱の花という意味のように思われますが、この場合は十字架上のキリストの受難を意味した言葉です。

  • 学名   Passiflora caerulea
  • 英名   Passion flower
  • 和名   トケイソウ
  • 科名   トケイソウ科
  • 属名   トケイソウ属
  • 分類   つる性多年草
  • 原産地  ブラジル

つる性多年草で、暖地では路地で越冬するものもあります。軽度の霜には耐えますが、最低気温-2℃以上必要です。

挿し木が容易な植物で、長く伸びたつるが地面に垂れてそのまま根付くという事もあります。

 

花言葉

全体
  • 神聖な愛
花が直立していたら
  • 宗教的熱情
  • 信頼、信仰
花が裏返しになっていたら
  • 宗教的迷信(英)
  • 恋のはげしい苦しみ(仏)

 

パッションフルーツのグリーンカーテン

真夏の熱い日差しを遮るのに昔は、よしずなどを使っていたが近年では植物で日除けをするのが流行っています。最初はゴーヤ主流でしたが、パッションフルーツに代わりつつあります。

ゴーヤ

沖縄野菜のゴーヤはニガウリともよばれ、名前の通り苦い野菜です。たくさん収穫できるので、最初はご近所さんにあげても喜ばれますが、毎回だと…(;^ω^)

今年の夏は、パッションフルーツでグリーンカーテンを作ってみましょう。

パッションフルーツの栽培1

 

まずは準備

パッションフルーツの鉢植え1
  • パッションフルーツの実付きの鉢植え 1鉢
  • 野菜用プランター 大きいサイズのプランターに1鉢
  • 培養土  30L以上が望ましい
  • 化成肥料
  • ネット

パッションフルーツを種や苗から育てると、9月ごろに葉っぱが揃い、実を食べられるぐらいになります。それじゃ、ちょっと遅いですよね。

 

スタートダッシュが大事なんです。

実付きのパッションフルーツが6月ぐらいから花屋さんやホームセンターで売り出しますので、小さい頃からそだてるのはワープしちゃいましょう。

 

プランターの準備

プランターに培養土を入れて、元肥となる化成肥料をひとつかみ混ぜておきます。そして、絡ませるネットを設置します。

パッションフルーツのつるをはずす

実付きのパッションフルーツは、コンパクトにまとめる為にワイヤーの支柱に絡ませてあります。枝を切らないように丁寧につるをはずしていきます。

 

プランターに植えつけ

プランターの中央に1株植えつけ、ネットになんとなくつるを絡ませます。植えつけたら、大量の水をあげて根っこを落ち着かせまっす。

パッションフルーツの栽培

※近所に市場があり、巨大な発泡スチロールがもらえるのでプランターの代わりに植えちゃいました。

あとは、水をやるだけ

グングン伸びていきますので、つるの方向をなんとなくリードしてあげてください。

 

花が咲いたら人工授粉

虫がきて受粉してくれる時もあるし、してくれない時もあります。確実なのは、人工授粉ですね。

パッションフルーツの花1
パッションフルーツの花 人工授粉

雄しべの花粉を雌しべにつけてあげるだけ。指で花粉を触って、雌しべに触るぐらいでもオッケー。

 

授粉失敗と成功

パッションフルーツ受粉失敗と成功

左が受粉失敗、右が人工授粉成功。

 

実が褐色になりポトンと落ちたら食べごろ

パッションフルーツの実完熟
パッションフルーツの実4

割ってみると黄色いジュレが(^^♪スプーンですくって食べても、ヨーグルトにかけてもオシャレで美味しい。

ウイスキーなど、お酒を入れても美味しいみたい。

 

8月はお休み

8月は暑すぎて、お花が咲きずらいんです。実付きの鉢から育てると6・7月と収穫して、また9・10月と収穫できるのですが、苗からだと秋からしか収穫できません。

 

9月中旬で涼しくなってきたら

もう一花咲かせてもらう為に、肥料をあげましょう。

 

11月になると

寒くなってくると、枯れてきます。鉢を暖かい所に取り込むか、挿し木で子供を作って暖かい所に避難させます。

パッションフルーツ挿し穂
パッションフルーツ挿し木

 

冬は越せますが、春のスタートは加温して早く大きくしたいです。毎年買った方が高いか安いかは、その人次第ですね。

 

まとめ

最近の夏の暑さは、年々ヤバくなってきています。暑さよけは時代とともに代わってきており、夏の日除けには よしず → グリーンカーテン(ゴーヤ)→ グリーンカーテン(パッションフルーツ)と代わってきています。

今まではゴーヤのグリーンカーテンが主流でしたが、たくさん実って余ってしまいがちです。ご近所さんも最初は嬉しいですが、毎回だと。。。

今年の夏は、パッションフルーツのグリーンカーテンに挑戦してみよう。オリジナルデザートやドリンクなんかも作っちゃおう。

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会