名脇役なだけじゃない。素敵な花言葉をもつカスミソウ。

カスミソウ

昭和の頃から花束に使われる花の定番、カスミソウ。お客さんのイメージが定着しすぎて、自分の花屋の雰囲気を出せないからといって取り扱いの花屋さんにもあるぐらいド定番な花です。バラとカスミソウの花束で、「これを作った花屋さんいいね!」とは、なりずらいですよね。どこの花屋さんでも作れるイメージで。

花屋をやっていてお客さんから注文される時は、贈るシーン・もらう人のイメージや好きな花・色あいでお花を選ぶことが多いです。残念ながら愛の告白でお花をあげる人は日本では少ないですが、感謝の気持ちをこめてお花を贈る人はたくさんいますよね。

いつもありがとうのアレンジメント3000円

カスミソウ

学名

ジプソフィラ(Gypsophila)

ギリシア語の「gypsos(石膏)」と「philios(愛する)」を語源とし、この属が石灰質の土を好むことに由来します。

科名

ナデシコ科

カーネーションなんかも同じナデシコ科です。

園芸分類

耐寒性多年草 または 一年草

毎年咲く品種もあり、一年で終わりの品種もあります。

原産地

ヨーロッパ、アジア

花期

5~7月

花屋さんには周年あります。

花言葉

清らかな心・純潔

真っ白でたくさん枝わかれして咲くイメージから。

感謝・親切

メインの花を引き立ててきたからですかね。

日頃の感謝の気持ちを伝えたい時には、花束にカスミソウを入れてもらうと素敵な意味が出てきます。

他にも感謝の花言葉をもつ花はあります。白いダリア ピンクのガーベラ

まとめ

日頃の感謝をこめて花を贈ってみませんか?もらう人が好きな花を入れたり、その人のイメージで作ってもらう時に、かすみ草も添えてもらってスペシャルギフトにしてみましょう。

メインの花をひきたて役として カスミソウはよく使われてきました。ひきたて役の カスミソウにはメインの花をひきたてるだけじゃなく、フラワーギフトとしての価値もひきたてているんです

真っ白でたくさん枝わかれして咲く花、カスミソウ。そのイメージから清らかな心純潔といった花言葉のほかに、感謝親切という花言葉があります。

日頃の感謝の気持ちを伝えたい時には、花束の中に カスミソウを入れてもらうと意味が出てきますよね。結婚記念日・母の日・送別・御礼などに、お花と気持ちのプレゼントを贈りましょう。

花言葉を一緒に伝えるも良し、花だけを渡すのも良し。

花というモノをプレゼントするのではなく、

 花をプレゼントするキモチが、

 フラワーギフトなんです。

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会