激辛とうがらし「キャロライナ・リーパー」栽培日記vol.2

キャロライナ・リーパー アイキャッチ画像

去年は激辛トウガラシを仕入れて、ついでに育ててみました。いろんな種類を育ててみましたが、キャロライナ・リーパーは失敗してしまいました。⇒去年の激辛とうがらし栽培のblog

ブート・ジョロキアやハバネロは上手くなりました。今年は、花屋さんでキャロライナ・リーパーの苗を1株だけ購入して育ててみます。

ちなみに、種から育てると大変なので苗を買っています。発芽や鉢上げまでの期間、温度管理が必要なので、苗を作って販売する生産者でなければ育った苗を買った方がはるかに安いと思います。

ポイントを思い出し上手くならせられれば、秋には店頭で試食できるように育ててみます。

キャロライナ・リーパー栽培日記vol.2

去年失敗したので、失敗した品種だけ育ててみます。去年の教訓は、加温は特にいらなく水のあげすぎ注意でした。

苗を購入 6月7日

近くの花屋さんで激辛とうがらしを購入しました。当店では、去年ぜんぜん売れなかったので仕入れしませんでした。

茨城県水戸市のFoglioさんで購入したキャロライナ・リーパーの苗6月7日
茨城県水戸市のFoglioさんで購入したキャロライナ・リーパーの苗

野菜用の植木鉢に植えつけ 6月8日

とうがらしは、鉢の大きさも必要です。野菜用の植木鉢に植え替えました。マルチング(黒いビニールを土にかける)をして、地中の温度を高く保つ作戦です。

キャロライナ・リーパー2度目 6月8日

袋がけ 6月10日

露地栽培の農家さんがやっている様に袋をかけて、防風保温。大きい植木鉢だったので、半透明のゴミ袋を使いました。

キャロライナ・リーパー2度目 6月10日袋がけ

ついでに、鉢の淵に肥料をおきました。株元ではなく、鉢の周りに施してみました。

袋がけが暑すぎた? 6月11日

梅雨場のお天気は紫外線も強く暑いです。急な暑さ?水?原因がはっきりしませんが、袋を下げて涼しくなるまで様子をみました。

曇り空になり花芽が付きました 6月16日

今年は展開が早いかな?花芽らしきモノが付きました。水を控えめに育てたせいかな?

マルチングしてあるので株元には水が行かないようになり、根を伸ばさないと水が吸えない様にしました。

雨がなかなか降らない梅雨ですが、開花しました 6月28日

去年は伸びるだけ伸びて花が咲かなかったキャロライナ・リーパー。今年は梅雨場に花が咲きました。

キャロライナ・リーパーの花が咲いた
キャロライナ・リーパーに花が咲いた

一応、雨降りの時は軒下に移動して水分調節をしています。もしかしたら、生育期の気温は関係ないのかもしれません。

キャロライナ・リーパーの落花 7月7日

軒下で雨を避けていたつもりでしたが、土が湿っています。そして去年水のやりすぎの時の症状、花芽が落花していました。

キャロライナ・リーパーの花芽が落花
キャロライナ・リーパーの花芽が落花

ヒーロー登場

カマキリの子供をみました。とうがらしの葉を食べるカメムシやバッタを退治してくれます。

カマキリ発見
カマキリ発見

脇芽とりと脇芽の挿し木 7月8日

よく見ると根元の方の脇芽がグングン伸びています。根元の方の脇芽は取り除くというので、切っておきます。

根元の方の脇芽は取り除く
根元の方の脇芽は取り除く

そして、切った脇芽も挿し木してみます。時期的にギリギリアウトかもしれませんが、切った脇芽を少し水に挿しておいて湿った培養土へ挿し木してみました。

切った脇芽を挿し木
切った脇芽を挿し木

久しぶりの晴れ~日光浴 7月10日

久しぶりに晴れました。最近雨続きで、水をあげていないのに土が湿っていて心配していました。

久しぶりの晴れで、キャロライナ・リーパー日光浴
久しぶりの晴れで、キャロライナ・リーパー日光浴

花芽がたくさん着いていました。乾かし気味管理で花芽が落ちないように気をつけます。

キャロライナ・リーパーに蕾がたくさん着いています
キャロライナ・リーパーに蕾がたくさん着いています

挿し木した脇芽も元気はないけれど枯れていません。

キャロライナ・リーパーの脇芽を挿し木
キャロライナ・リーパーの脇芽を挿し木

去年と違って、じっくりと育てています。高温は必要だが、過度の高温は良くないのかもしれません。

花芽が落ちた…。挿し木は成功かな? 7月13日

咲いていたキャロライナ・リーパーの花が落ちていた…。水分かな?気温かな?

咲いていた花芽が落ちた
咲いていた花芽が落ちた

一瞬、ダメになりそうだった挿し木苗。受け皿に水張って日陰で管理していたら復活したかな⁉

挿し木苗成功?
挿し木苗成功?

まだ、カマキリ親衛隊は健在です。

まだカマキリはいます
まだカマキリはいます

水やりガマン 7月20日

梅雨も明け、サンサンと日射しが降り注いでいます。でも、ここでも水やりをガマン・ガマン。

キャロライナ・リーパー 少し萎れてきた
キャロライナ・リーパー 少し萎れてきた

水やりガマンのおかげか、花芽ががたくさんついてきた~。去年は花芽もなかなかつかなかった。。。

鉢のふちにだけそっと水やり 7月21日

水を切らせた方が良い。水をやるなら鉢のふちにだけ、そっとあげるようにすると根が水を求めて伸びる。と聞いたのでちょっと過酷な状況にしてみました。

水切れのキャロライナ・リーパー
水切れのキャロライナ・リーパー

植物活力剤HB-101入りの水
植物活力剤HB-101入りの水

鉢のふちにだけそっと水やり
鉢のふちにだけそっと水やり

アメとムチ作戦・・・・植物活力液HB-101を水に数滴たらした水をあげました。

朝は復活したが、日中はしんなり 7月22日

朝はビシッとしていました。

朝は葉っぱがビシッと
朝は葉っぱがビシッと

しかし、日中の日射しでしんなりしてしまった。タップリ水やりしました。

根元の方にもタップリ水やり
根元の方にもタップリ水やり

花が咲いてキターーー!!!人工授粉が必要? 7月24日

花芽もたくさんついて、花も少しずつ咲いてきた。

フェイジョアの人工授粉が成功しているのをみて、もしかしたら授粉が必要か?と思い農家パイセンに聞いてみた。「花芽がぽろぽろ落ちるのは授粉が出来てない証拠だよ。綿棒かなにかで、花粉が多い午前中にツンツンするといいよ」とアドバイスいただきました。

キャロライナ・リーパー人工授粉その1
キャロライナ・リーパー人工授粉その1
キャロライナ・リーパー人工授粉その2
キャロライナ・リーパー人工授粉その2

去年の失敗した原因はこれかな?綿棒がなかったので、白妙菊の茎を代用しました。

支柱たてました 7月29日

暑くなってきたので袋を外してみたら、キャロライナ・リーパーが斜めに…

袋をはずしたら木が斜めに
袋をはずしたら木が斜めに

慌てて支柱をYに2つに分かれている枝にたてました。

Yに分かれている所に2本支柱をしました
Yに分かれている所に2本支柱をしました

アブラムシーは農薬でササッと退治 7月30日

すっかり忘れていたアブラムシ。ピーマン・シシトウガラシ・トウガラシ類には付きやすいんだった。

アブラムシ
アブラムシ

 

そんな時には慌てずベニカXファインスプレー。虫にも病気にも効きます。

次回更新をお待ちください。

まとめ

激辛とうがらし「キャロライナ・リーパー」を育ててみました。種から育てると、長い期間高温で育てなければならないので、苗を買って育ててみました。

トウガラシ類は、水が多いと葉枝は伸ばしますが花が咲きずらいという事を去年の失敗で分かりました。そして今年は、人工授粉させた方が実がなると気付きました。

午前中の方が花粉が出るので、せっせと花を落とさないようにそっとツンツンしました。まるで、働き蜂です。

発芽にも開花にも結実にも高温が必要なようです。温暖な地域でうまれたからですね。

キャロライナ・リーパーは、自由の国アメリカでうまれました。北大西洋に面するサウスカロライナ州。唐辛子関係の企業「パッカーバット・カンパニー」の経営者Ed”Smokin”Currie(エド・カリー)氏によって生みだされました。

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会