憧れのバラ100本をもらった。このお花、どうしよう?

rose 赤

女性なら1度は憧れるバラ100本の花束。頻繁にもらうモノでもありませんが、もらった時の感動はすごいです。

長年、花屋をやっているとそんな注文を年に1回ぐらいはあります。プロポーズ・結婚○周年・夜の飲み屋さん等々あります。

 

お客様にプロポーズの時の感想は聞けませんが、飲み屋さんの女の子から感想をきけました。

女の子
もらった時は嬉しいけど、その後どうしよう?って思っちゃう。飾りきれない。

管理しきれないお花は、花嫌いを増やす原因になってしまうんです。「お花をもらって嬉しい?」という女性

 

100本のバラを飾るのも大変なので、色々な方法でバラを楽しみましょう。

 

100本のバラの花束

花束100

プロポーズの時に赤いバラの花束を贈るとよく耳にします。100本のバラでプロポーズって憧れるけど、その後のバラをどうしようか悩んじゃいます。

 

バラを飾っておきたいけど、そんなに大きな花瓶もありません。小分けにして飾っても水替えとか大変です。

バラの花もち実験 1日目

 

でも、100本の赤いバラの花言葉は100%の愛なんです。ちなみに、108本は結婚してくださいです。本数ごとの花言葉

濃いピンクのバラの花言葉は感謝なので、結婚記念日にぴったりです。色で変わるバラの花言葉

 

100本のバラを花屋さんで買って、ドラマチックに贈ってくれる気持ちは嬉しいですよね。

 

花瓶に飾る

全部飾るのは非現実的です。バラの素晴らしさより苦労の方が勝ってしまう確率が高くなります。

色々いわれているバラの長もち方法。どの方法がバラの長もちするか実験。

 

一部だけ飾って、他は別の活用法を考えてみました。

 

ドライフラワーにする

ドライフラワー3

全部は飾り切れない100本のバラ。一部はドライフラワーにして、記念に取っておきましょう。

 

吊るしておくだけで簡単にドライフラワーになります。茶色くしないで残したいのなら、急速に乾燥させると色あいがのこります。ドライフラワーの加工方法

ちなみにドライフラワーは臭くなる時があるのでご注意ください。ドラフラワー臭の解決法

 

ポプリにする

ドライフラワー ローズミックス

ドライフラワーにしたバラの花にアロマオイルを数滴ふって、寝室や応接間に置いてみましょう。お花の香りが、リラックス空間をつくってくれます。

 

押し花にする

押し花

押し花って、子供の頃に新聞紙で挟んで辞書をのせて作ったという方もいると思います。でも、さすがにバラの花をそのまま押せる重たい辞書はないですよね。

特殊な作り方で、バラの思い出を押し花とした残せます。約22×12.5cmの額で¥10,000+税ぐらいの価格からご注文承っております。

バラの押し花加工はコチラから

 

お風呂へ入れて薔薇風呂(ローズバス)

ローズバス

100本もあるんです。そして、時間がたてば枯れてしまうんです。

だったら、ゴージャスな気分で思い出に残しましょう。バラの花びらをお風呂に浮かべて、優雅なバスタイムを。バラの香りに包まれて 

 

100本のバラを贈られる素敵な女性は、素敵な時間の使い方を知っていますね。

 

エディブルフラワーの場合

無農薬・無化成肥料で育てられたバラは食べられます。結婚式の料理にバラの花びらが乗っているの見たことないですか?

バラの栽培は病気と虫との闘いなので、無農薬で育てるのは大変です。食用ばら生産農家、横田園芸

 

ちなみに、花屋さんで普通に売っているバラは花もちがよく、虫食いがない、病気にもかかっていないバラを育てるために、農薬や化学肥料を使っています。お花には直接はかけませんが、洗っても食べない方が良いですね。

 

 

100本のバラをもらった時にどうやって無駄にしないかを書いてきましたが、お花は気持ちのプレゼントなんです。綺麗なバラを無駄にしないと思うより、バラをもらえた事に喜びを感じたいものです。

 

海外の特にヨーロッパの方々は、蕾のバラの花束を持っていくとと怒られると聞きました。最高に綺麗な状態のバラが好まれるんですね。

実は、蕾のバラの方が満開に咲いて花びらが高質化したバラより花もちしません。

 

まとめ

100本のバラをもらった時、すごく嬉しいと思いますよね。そして、次にこのバラどうしよう?と思ってしまう日本人の悲しいところです。

お花のプレゼントは、気持ちのプレゼントです。最高の状態に綺麗に咲いているバラを贈られるって、最高に嬉しい瞬間です。

 

全部を花瓶に飾ると、お花をもらいなれていない女性はお花が嫌いになってしまうかもしれません。でも、100本もあれば色々な楽しみ方が出来ます。

 

生花で潤いを、ドライでボタニカルに、押し花で思い出に、ローズバスでゴージャスに。食べられるかどうかは確認を。

全部を花瓶に飾るなんてナンセンス。好みの楽しみ方で豊かな一時を過ごしましょう。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

元気ですかー!花かんざしのオーナー、無敵の花屋こと畠山元気です。私が花屋をやっているのは、男でも女でもお花を 贈り合ったり、オシャレに飾ったり、育てたりするような、そんなボタニカルな社会を実現するために頑張っています。 趣味はマラソンとトレイルランニングです。出場予定の大会